FC2ブログ

“2代目”ヒシマサルが老衰のため29歳で死す

2018/03/06

1992年のきさらぎ賞など重賞3勝を挙げたヒシマサルが6日、余生を送っていた北海道浦河町のうらかわ優駿ビレッジAERUで老衰のため29歳で死んだ。

 ヒシマサルは、1955年生まれで安田記念を制した同名馬がいるため、血統表などでは「ヒシマサル2」と表記されることもあった。現在、阿部雅英氏が、現役の“3代目”ヒシマサルを所有。11日の阪神9レース淡路特別に登録されている。

 通算13戦5勝。主な勝ち鞍は92年きさらぎ賞・G3、同年毎日杯・G3、同年京都4歳特別・G3。引退後に種牡馬となり初年度に94年のエリザベス女王杯・G1など10勝を挙げた女傑ヒシアマゾンに種付けし話題となったが、活躍馬は輩出出来なかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爺KEN

Author:爺KEN
競馬歴:13年
好きな馬:ディープインパクト
好きな騎手:武豊、ルメール、Mデムーロ、モレイラ、デットーリ、岡部幸雄、戸崎圭太、内田博幸、藤田菜々子

モットー:後悔しない馬券選びをする。