このBlogは、競馬界のニュースや「独自」の予想と結果を公開します。
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
23:34:20
 ≪皐月賞の行方≫ 弥生賞で力の違いを示したダノンプレミアムの最大の難敵は、ホープフルSを制したタイムフライヤー(栗・松田、牡)。始動戦となる若葉S(17日、阪神、OP、芝2000メートル)のレースぶりが注目される。3連勝で共同通信杯を制したオウケンムーン(美・国枝、牡)も勢いに乗っており、中山2000メートルも経験済み(500万下1着)。こちらは皐月賞直行が有力視される。

 また関西に素質馬が多く、きさらぎ賞を制したサトノフェイバー、すみれSを快勝したキタノコマンドールに勢いを感じる。ともに2戦2勝で底が割れていない。
スポンサーサイト

Category:競馬界トピックスコメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿