このBlogは、競馬界のニュースや「独自」の予想と結果を公開します。
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
23:26:19
 今週、春の中京開催がスタート。日曜メインに金鯱賞(11日、GII、芝2000メートル)が行われる。施行時期の変更が多いレースで、昨年GIに昇格した大阪杯の前哨戦(1着馬に優先出走権)となり、5年間続いた暮れからこの時期に移った。1着馬に大阪杯の優先出走権が与えられる。GIIの格付けは変わらないが、以前より重要度が増したのは確かで、今回も登録は13頭と少ないながらも好メンバーがそろった。

 実績最上位は唯一のGIホース、サトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)。一昨年の菊花賞馬で、続く有馬記念ではのちに2年連続で年度代表馬になったキタサンブラックをクビ差で破ったように、地力の高さは現役屈指の存在だ。昨春の天皇賞3着後、秋のフランス遠征ではフォワ賞4着、凱旋門賞15着と結果は振るわなかったが、欧州特有の力の要る馬場に道悪も重なったうえ、「のどの具合も良くなかった」と池江泰寿調教師は振り返る。その症状も中間の放牧で癒えて、状態はリフレッシュ。左回りの経験は1度しかないが、ダービーでハナ差2着なら問題ないだろう。ただ、2週続けて僚馬に遅れた追い切りの動きから完調手前の印象もある。最終追い切りの動きに特に注意を払いたい。
スポンサーサイト

Category:競馬界トピックスコメント:0│ トラックバック :--