FC2ブログ

【報知杯フィリーズR展望】ベストの距離でモルトアレグロ…注目はオルフェーヴルの全妹デルニエオール

2018/03/05

◆第52回報知杯フィリーズR・G2(3月11日、芝1400メートル・阪神競馬場)

 第52回報知杯フィリーズレビュー・G2が3月11日、阪神競馬場の芝1400メートルを舞台に行われる。

 紅梅Sの勝ちっぷりが鮮やかだったモルトアレグロ(牝3歳、美浦・武井亮厩舎=スペイツタウン産駒)。道中サッと内へ潜り込み、直線インから前を捕らえた好センスが光った。阪神JF(5着)でもしっかり脚を使っており、ベストの1400メートルなら中心視。

 大外枠で出遅れながら直線一気の豪脚でつわぶき賞を勝ったアンコールプリュ(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎=ディープインパクト産駒)。半兄にNHKマイルC2着、日本ダービー3着馬ブラックシェル(父クロフネ)がおり、母系レベルは高い。内回りをこなせば。

 ファンタジーS3着以来のアマルフィコースト(牝3歳、栗東・牧田和弥厩舎=ダイワメジャー産駒)は実績NO1の存在。脚質に幅があり、久々でも走れるタイプで勝機は十分。

 未勝利、500万、福島2歳Sと1200メートル戦を3連勝のアンヴァル(牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎=ロードナロア産駒)は、距離延長への対応がカギ。

 全兄オルフェーヴルを彷彿とする走りで前走2勝目を挙げたデルニエオール(牝3歳、栗東・池江泰寿厩舎=ステイゴールド産駒)、重賞2着2回のコーディエライト(牝3歳、栗東・佐々木晶三厩舎=ダイワメジャー産駒)、かささぎ賞勝ちのラブカンプー(牝3歳、栗東・森田直行厩舎=ショウナンカンプ産駒)、なずな賞を勝って参戦のアリア(牝3歳、栗東・沖芳夫厩舎=ダイワメジャー産駒)、春菜賞のレースぶりが鮮烈だったアルモニカ(牝3歳、栗東・西村真幸厩舎=ロードカナロア産駒)も争覇圏。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爺KEN

Author:爺KEN
競馬歴:13年
好きな馬:ディープインパクト
好きな騎手:武豊、ルメール、Mデムーロ、モレイラ、デットーリ、岡部幸雄、戸崎圭太、内田博幸、藤田菜々子

モットー:後悔しない馬券選びをする。