FC2ブログ
このBlogは、競馬界のニュースや「独自」の予想と結果を公開します。
2018/08«│ 2018/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/10
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
01:30:17
【3歳クラシック指数】

★セントポーリア賞(28日、東京芝1800メートル)=地方馬ハッピーグリン(牡・田中淳)が中央勢を一蹴した。1000メートル通過は63秒1の超スロー。直線だけのヨーイドンの競馬を、外から猛然と追い込み、上がり33秒3の脚で突き抜けた。

 1番人気ダークナイトムーン(4着)、2番人気リビーリング(2着)などこのレースの内容次第ではランクインも期待された素質馬もいるにはいたが、地方馬に後れを取るようでは…。当然、新たなランクインはなしだ。

★梅花賞(27日、京都芝外2400メートル)=メイショウテッコン(牡・高橋忠)が逃げ切り勝ち。最大の勝因は中盤に13秒台のラップを4ハロン連続で刻めたことにあるのは明らかだ。「跳びの大きい馬なので、スタートが良ければ行こうと思っていた」と振り返った武豊の作戦勝ち。距離2400メートルの少頭数と、力を出せる条件が揃っていた。

 素材の良さは十分に感じ取れるが、まだまだ若さが残っており、ゴチャついた状況になった場合に不安が残る。調教にも騎乗していた武豊も「追い切りでもフワフワする面があった。まだ若さの残る気性がこれからの課題かな」。ランクインは次走の結果を待ってからでも遅くはないだろう。
スポンサーサイト

Category:競馬界トピックスコメント:0│ トラックバック :--