このBlogは、競馬界のニュースや「独自」の予想と結果を公開します。
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
01:05:06
JRAは1月31日、2015年のオークス・G1などに優勝したミッキークイーン(牝6歳、栗東・池江泰寿厩舎)の競走馬登録を同日付で抹消した。今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。
 父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ(父ゴールドアウェイ)の同馬は14年12月にデビュー。翌15年のオープン特別、忘れな草賞を勝って、3番人気で臨んだオークスに優勝。同年秋は1番人気で秋華賞を勝ち、牝馬2冠を手にし、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬に輝いた。その後も16年ヴィクトリアマイル2着、同エリザベス女王杯3着など上位争いを続け、昨年は宝塚記念とエリザベス女王杯で連続3着。ラストランとなった有馬記念は11着に敗れたが、トップクラスの牝馬として活躍した。

 ほかの主な勝ち鞍は17年阪神牝馬S・G2。通算17戦5勝。

 池江調教師「オーナーサイドから繁殖にするという連絡がありました。桜花賞は除外になりましたが、牝馬2冠を制し、JRA賞を取ってくれるなど、素晴らしい成績を残してくれました。古馬になり、左前の靱帯(じんたい)を痛めて思うように走れない時期もありましたが、いつも一生懸命に頑張ってくれました。悔いは残りますが、いい産駒を出して欲しいと思っています。(初年度は)ロードカナロアを付けると聞いています」
スポンサーサイト

Category:競馬界トピックスコメント:0│ トラックバック :--