FC2ブログ

【東京新聞杯】昨年は4歳馬が上位独占 今年はサトノアレスなど5頭の4歳馬が登録

2018/01/30

 昨年の東京新聞杯では、勝ったブラックスピネル、2着のプロディガルサン、3着のエアスピネルはいずれも4歳馬で、同レースでは26年ぶりとなる4歳馬の1~3着独占となった。今年の東京新聞杯には、GI馬サトノアレス(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、キャピタルS勝ち馬のダイワキャグニー(牡4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)、GIで2着に3回入っているリスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)など5頭の4歳馬が登録しているが、今年の4歳勢も上位を独占することができるだろうか。

 なお、サトノアレスを管理する藤沢調教師は現役調教師トップの東京新聞杯3勝をマークしており、リスグラシューに騎乗予定の武豊騎手は歴代最多タイの東京新聞杯4勝を挙げている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爺KEN

Author:爺KEN
競馬歴:13年
好きな馬:ディープインパクト
好きな騎手:武豊、ルメール、Mデムーロ、モレイラ、デットーリ、岡部幸雄、戸崎圭太、内田博幸、藤田菜々子

モットー:後悔しない馬券選びをする。