FC2ブログ

キタサン満票を阻止した障害の名馬。オジュウチョウサンの絶対王者ぶり。

2018/01/30

 眩いライトに照らされた壇上で、2年連続年度代表馬となったキタサンブラックの北島三郎オーナーが、「感謝と感動で一杯です」と思いを語った。主戦をつとめた武豊が隣で笑みを浮かべ、耳を傾けている――。

 1月29日、2017年度のJRA賞授賞式が都内のホテルで行われた。年度代表馬のオーナーも、主戦騎手も、そして馬自身も国民的スターだったからこその華やかさがあった。

 しかし、そのキタサンブラックとて、満票で年度代表馬に選出されたわけではない。

 290名による記者投票の結果、キタサンが得たのは287票。あとの3票は別の馬のもとに行った。

 その3票を得たのは、オジュウチョウサン(牡7歳、父ステイゴールド、美浦・和田正一郎厩舎)だった。2016年の中山グランドジャンプ(J.GI)から昨年の中山大障害(J.GI)まで無敵の8連勝を遂げた、障害界の「絶対王者」である。

 '16、'17年と2年連続最優秀障害馬となったオジュウチョウサンとはどんな馬なのか。その強さの背景を見ていきたい。
平地では未勝利、障害転向後も実は苦戦。

 オジュウチョウサンは、2011年4月3日、北海道平取町の坂東牧場で生まれた。

 美浦・小笠倫弘厩舎の所属馬として'13年10月、東京芝1800mの新馬戦でデビューし11着。次走、11月の未勝利戦でも8着に敗れ、平地では未勝利に終わる。1年の休養を経て障害に転向し、'14年11月、福島で障害初戦に臨むもしんがりの14着に敗れた。

 その後、美浦・和田正一郎厩舎に転厩し、山本康志を鞍上に迎えてからジャンパーとしての素質を見せはじめる。

 '15年1月の障害2戦目で2着、3戦目で3着となり、4戦目の未勝利戦と5戦目のオープンを連勝。7戦目、障害重賞初出走となった6月の東京ジャンプステークス(J.G3、4着)から、現在の主戦である石神深一が騎乗するようになる。

 コンビ2戦目のオープンを勝ち、つづくイルミネーションジャンプステークスは4着。そして、J.GI初参戦となった中山大障害で6着となる。J.GIに出るところまで出世はしたものの、勝ったアップトゥデイトに4秒以上離された結果が示していたように、このころは「そこそこ強い、障害オープン馬の一頭」という存在に過ぎなかった。

石神騎手が気づいた「全力ではないのでは」。

 そんなオジュウチョウサンが、いつ、なぜ、どのように「変身」したのか。

 きっかけとなったのは、この中山大障害だった。

 レース後、すぐに息が戻ったオジュウチョウサンの背にいた石神は、馬が全力を出し切っていないように感じた。そこで和田調教師に、メンコの耳覆いを外してはどうか、と進言した。

 それまでは、気性的に難しいオジュウチョウサンを走りに集中させるために、耳覆いをつけて音を遮断させていた。それを、すべて聴こえるようにすることで落ちつかせようとしたわけだ。逆効果になる恐れもある、一種の賭けだった。

 答えは「吉」と出た。

 動きに俊敏さが出てきて、鞍上の指示に対する反応もよくなった。「走ることに対して前向きになった」と、石神と和田調教師は口を揃える。

 '16年初戦のオープンこそ2着に敗れたが、つづく中山グランドジャンプを勝ち、障害重賞初勝利をJ.GI制覇で飾った。
ステイゴールド産駒らしい気性の荒さは健在。

 そこから快進撃が始まった。同年の中山大障害、翌'17年の中山グランドジャンプ、中山大障害という3つのJ.GIを含め、障害重賞を8連勝。障害グレード制が導入された1999年以降の重賞最多連勝記録を樹立した。J.GI4勝というのも最多記録である。

 どの勝利も見事だったが、特に、大逃げを打った'15年の最優秀障害馬アップトゥデイトをレコードで差し切った前走の中山大障害は圧巻の強さだった。

 おそらく、耳覆いを外して走ることに対する姿勢が変わった時期と、肉体的な成長曲線の上昇期とが合致し、これほどのパフォーマンスを発揮できるようになったのだろう。

 ただ、レースに集中するようにはなっても、トレセンにいるとき、後ろ脚で立ち上がったり、尻っ跳ねをしたりと、普段からうるさいところは今もあるという。そのへんは、オルフェーヴルやゴールドシップにも見られたように、能力の高いステイゴールド産駒に共通するところか。

 ともあれ、走るたびに自身の記録を更新していくオジュウチョウサンが現れたことにより、障害レースに対する注目度はとみに高まっている。

障害を越えるとき、騎手の視界に後ろ脚が入る。

 障害馬としてどんなところが優れているのか。和田調教師は「すべてです」と言い、つづけた。

 「心肺機能が素晴らしく、スタミナがある。機敏だし、パワーもある。石神騎手によると、体もすごくやわらかい。人間で言うと、運動神経がいい、ということでしょうか。中山大障害の最後の障害のように、スピードが乗ったところでも、減速せずにそのまま飛んでしまうところなどはすごいと思います」

 オジュウチョウサンの体のやわらかさは、石神を驚かせるほどのものだ。

 「普通はあり得ないんですけど、障害を越えるとき、ぼくの視界に馬の後ろ脚が入ってくるんです。それだけ深く後ろ脚を折り込んでいるのでしょうね」

 並の馬と異なるところはほかにもある。

 「普通、障害の馬というのは、首を高くしてジャンプするんです。けれどもオジュウチョウサンは、首を低くして走ったまま飛んでしまう。初めて乗ったとき、この馬、本当に障害を走ってきたのかな、と思ったほどです」

 馬が障害の練習をするときは、まず、首を高くすることから始めるという。オジュウチョウサンは、「障害の常識」からはみ出た飛越をする馬なのだ。
「怖がっていないどころか……」

 着地のとき、つまずいてバランスを崩しかけているように見えたことも一度ならずあったのだが、鞍上にいると、その感覚もまるで違うのだという。

 「確かに、つまずくこともあるのですが、ぼくが乗っている土台は、まったくブレていないんです。うまく着地できるかどうかは、踏み切る前にもうわかるんですよ。オジュウチョウサンは、踏み切るときに絶対に転ばないとわかるんです。障害を怖がっていないどころか、舐めて飛んでいるんじゃないかと思うこともあります(笑)」

 障害というと、どうしても、「平地でダメだった馬たちのレース」と見られがちだが、オジュウチョウサンは、そうしたネガティブさを感じさせない「天性のジャンパー」と言えよう。

 「やはり、負けられないプレッシャーを感じています」

 と石神。名馬について語る主戦騎手は、みな、いい顔をしている。

久々に現れた「客を呼べる障害馬」。

 かつて、1963年から春秋の中山大障害を4連覇したフジノオーは、ヨーロッパに遠征し、イギリスのグランドナショナルに出走したほか、フランスで2勝を挙げた。

 また、1974年から春秋の中山大障害を4連覇したグランドマーチスは、中央競馬で初めて獲得賞金3億円を突破。のちに、障害馬として唯一の顕彰馬に選出された。

 オジュウチョウサンは、そうした歴史的名障害馬に追いつき、追い越す可能性のある希有なサラブレッドだ。

 当初は、3月10日の阪神スプリングジャンプ(J.G2)から始動する予定だったが、体調不良のため調整に時間が必要となり、ぶっつけで4月14日の中山グランドジャンプに臨む模様。和田調教師は「脚元の故障などではありません。使おうと思えば使えないこともない状態ですが、満足のいく状態で出したい。ひと叩きが必要という馬ではないと思っています」と話している。

 久々に現れた「客を呼べる障害馬」オジュウチョウサンの走りと飛越に注目したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爺KEN

Author:爺KEN
競馬歴:13年
好きな馬:ディープインパクト
好きな騎手:武豊、ルメール、Mデムーロ、モレイラ、デットーリ、岡部幸雄、戸崎圭太、内田博幸、藤田菜々子

モットー:後悔しない馬券選びをする。