このBlogは、競馬界のニュースや「独自」の予想と結果を公開します。
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
01:43:32
◆第59回アメリカジョッキークラブカップ・G2(1月21日、中山競馬場・芝2200メートル)

 第59回アメリカジョッキークラブカップ・G2が1月21日、中山競馬場の芝2200メートルを舞台に行われる。

 昨年の宝塚記念(2着)以来の出走になるゴールドアクター(牡7歳、美浦・中川公成厩舎)は体調が整わず、有馬記念をスキップして、ここで復帰する。鞍上は今回が初コンビの武豊。中川師は「新たな面を出してくれることを期待」とコメントしたように、名手の手綱さばきに注目したい。

 今回と同じ条件のセントライト記念を差し切ったミッキースワロー(牡4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)。上がり3ハロンNO1(33秒4)の末脚で、2着のアルアイン(皐月賞馬)を並ぶところなくかわしたシーンは強い印象を残した。極悪馬場の菊花賞(6着)は直線で伸びあぐねたが、適距離レースへの投入で再び豪脚がうなりを上げるか。

 昨年のクラシック3、6、5着のダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、再出発戦となった1600万のサンタクロースSで4角先頭から押し切る完勝劇。ここに入っても地力は見劣らず、報知杯弥生賞、皐月賞(ともに3着)のレースぶりから中山は合うイメージ。

 前走の中日新聞杯(4着)を上がり33秒5の脚で突っ込んだショウナンバッハ(牡7歳、美浦・上原博之厩舎)、中山金杯で最速の末脚を使い4着に突っ込んだブラックバゴ(牡6歳、美浦・斎藤誠厩舎)、中山牝馬S勝ちの実績からコース適性があるトーセンビクトリー(牝6歳、栗東・角居勝彦厩舎)、1000万、1600万連勝の勢いで挑むレジェンドセラー(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)も圏内。
スポンサーサイト

Category:競馬界トピックスコメント:0│ トラックバック :--