FC2ブログ







にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



 クロノジェネシスと斎藤師の出会いは、彼女が1歳7か月の時だったそうです。

「最初に見たとき、すごくバランスのいい馬だと思いました。そして、"こんないい馬を預からせて貰えるのか!?"と胸が高鳴りました。それ以降はバランスのいいまま育ち、トレセンでのキャンターではフットワークの良さが秀でていました」

 気性は生まれ持った素直さがそのままスクスクと良い方向にのびているイメージです。

「性格は頑張り屋さんで真面目ですね。それゆえに、一生懸命になりすぎるところがあるんです。そして、この特性を突き詰めると短距離向きになる可能性もありますから、ずっとテンションを上げ過ぎないように気をつけながら育ててきました」

 そんな一生懸命なクロノジェネシス、いままさに充実期といえるでしょう。

「当週の追い切りでは先週より力みの少なく、終いも躍動感のある走りをみせてくれました。落ち着いており、調整は問題ないと思います。

 馬の体の息づかい等、体の使い方は前走より上向いているは上向いているんですけど、秋華賞のあとにあれくらいのデキが気持ちと体のバランスが一番いい、と思ったので。そのへんが今回、体調面が上がっている分だけに競馬にいってイレ込んだり、道中の力みにあらわれたりとか、そういうことにならなければいいな、と思いますけど。馬が賢いのでそういうことは心配しなくていいかな、と思っています。そして、一生懸命な走りに結果がついてきたらいいな、と思っています」

(取材・文:花岡貴子)






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 斎藤誠調教師(美浦)は2014年のオークス馬ヌーヴォレコルトの管理調教師で、2014年、2015年に同馬をエリザベス女王杯に出走させたが、2年連続でクビ差2着と惜しくも敗れている。斎藤調教師は、今年のエリザベス女王杯にウラヌスチャーム(4歳)、シャドウディーヴァ(3歳)の2頭を出走させるが、同レース初制覇を遂げることができるだろうか。

 ウラヌスチャームは前走で京都大賞典(GII)に出走して7着に敗れているが、エリザベス女王杯が3歳以上のレースになった1996年以降、同年の京都大賞典出走馬はエリザベス女王杯で3勝、2着4回(勝率.143、連対率.333)という成績を挙げている。また、シャドウディーヴァは通算9戦1勝という成績だが、前走の秋華賞(GI)では4着に入っている。同馬が勝てば、グレード制が導入された1984年以降では、リアルインパクト(2011年安田記念)以来、8年ぶり2頭目の1勝馬による“古馬GI”制覇となる。






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
【デイリー杯2歳S(土曜=9日、京都芝外1600メートル)注目馬7日朝の表情:美浦】ウイングレイテストは南の角馬場で追い切り翌日の体をほぐした。陣営は、やる気十分だ。

 青木調教師「前走の未勝利戦はハナ差の辛勝でしたけど、あれは直線で抜け出したところでソラを使ってしまったため。本当はもっと楽に勝てていたと思うし、今は当時より心身ともに成長しています。極端に速くない今の京都の馬場も合いそうだし、素質はここでもヒケを取りませんよ」






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
【デイリー杯2歳S(土曜=9日、京都芝外1600メートル)注目馬7日朝の表情:栗東】新馬勝ち以来、4か月半ぶりの出走となるレッドベルジュールは軽めの調整で体調を整えた。

 荻野助手「ここに向けて入念に乗り込んできた。久々でも走れる状態に仕上がっている。(武豊に乗り替わりとなるが、6日の)追い切りに乗ったジョッキーも“イメージができた”と言ってくれた。素質はある馬なので、それがどこまで通用するかだね」






にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

爺KEN

Author:爺KEN
競馬歴:14年
好きな馬:ディープインパクト
好きな騎手:武豊、ルメール、Mデムーロ、モレイラ、デットーリ、岡部幸雄、戸崎圭太、内田博幸、藤田菜々子

理想:複勝、ワイドで年間プラス!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村PVランキング
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター